我が家の春の風物詩?

春になると毎年悩むことがあります。
それは「コタツのしまい時」です。

旦那が度を越した寒がりで、秋は早くからコタツを出したがり、春はなかなかしまいたがらないのです。
子供たちも旦那に倣ってコタツ好きに育っておりまして、常にコタツでゴロゴロしています。
しかし、ものすごく掃除がしにくくて困るのです。

早くしまいたいけれど、家族はそれを望んでいない。
そういうジレンマに、毎年苦しめられているわけです。

子供がハサミで小さく切った紙とか、脱いだ靴下とか、鼻をかんだティッシュとか、猫とか…
色々入っていて、コタツの中は常にカオスです。
2日に1回は全部引っぺがして掃除していますが、半日もすれば元通りの状態になってしまいます。
行方不明になっているものは、たいていコタツの中にあります。

「もう暖かいからしまってもいいよね」という一言がなかなか言えない今日この頃です…

Categories: nocategory